• ホーム
  • 性感染症のカンジダに感染する原因にはどのようなものがありますか?

性感染症のカンジダに感染する原因にはどのようなものがありますか?

女性と話している医者

カンジダの原因の一つとして、性交渉時の感染が挙げられます。カンジダ菌は健康な人の皮膚や粘膜にも常駐しています。それが何らかの原因で異常増殖すると発症につながるのです。性交渉のパートナーが感染しているとそのリスクが高まります。男性の場合は亀頭に傷がつくと、高確率でカンジダ菌に感染します。その状態で性交渉を行うと、女性の膣内にカンジダ菌がうつります。女性でカンジダを何度も再発させるケースでは性交渉の相手の検査も必要です。男性の場合、この病気を発症すると、亀頭にかゆみや赤みが出ます。

自覚症状がない場合の検査は基本的には不要です。ただし、性交渉のパートナーがいて、再発を繰り返している場合もあります。その際は自覚症状がなくても感染していることもありますので、検査を受けましょう。女性も医師の指示通り、治療をしても再発する場合はパートナーに協力を求めます。伝えにくい内容ですが、健康には変えられません。

女性の場合、膣内にカンジダ菌を保有していることは少なくありません。性交渉だけでただちに発症するというものでもなく、他の要因があります。例えば、免疫力の低下です。風邪をひいていたり、疲労や睡眠不足の状態だと免疫力が確実に低下します。カンジダ菌が活動しやすい体内環境になりやすいからです。免疫力が一定の水準を保っている場合は菌の数が一定数に抑えられています。病原菌が存在しても、体調を崩す段階には至りにくいのです。

その免疫力が低下すると、体内のカンジダ菌が増殖して、発症するケースがあります。また、抗生物質の投与による体内環境の変化も発症のリスクを高めます。体内に常駐している菌の保有状態が崩れるからです。糖尿病のような持病がある方も発症のリスクが高くなります。ステロイド剤の使用も原因の一つです。

他にナプキンやおりものシートを長時間使用するのも菌の増殖を手助けしています。適当な間隔で交換するようにしましょう。汗で濡れた下着を着続けるのも湿った環境を好むカンジダ菌には好都合です。汗で濡れたら着替えてこうした状況を取り除きます。体を清潔に保つことを意識しないと、感染のリスクを高めてしまいます。

性交渉が引き金になることは多く見られますが、他に発症リスクを高める要因があるのです。当該行為でうつされた菌と、増殖しやすい体内環境が病気をもたらします。性交渉は相手に病原菌をうつす機会にもなりますので、お互いにその点は意識しましょう。

関連記事
HIVに感染した時にしっかり対策を行えばエイズ発症は抑えられるの? 2020年06月23日

HIV感染が判明した時点で抗HIV薬の服用を開始すれば発症を防げる確率は上がります。対策をせずに放置するとHIVが体内を徐々にむしばんでいきます。HIVによってさまざまな病気を引き起こす状態がエイズです。エイズになると健康な人ならすぐに治るような風邪から肺炎を起こすこともあります。HIV(ヒト免疫不...

正しい知識を持とう!エイズはどのような感染経路でうつるのですか? 2020年05月18日

エイズは日常生活でうつることはありません。エイズ当時者が飲んだコップで水を飲んでもエイズがうつることはないのです。トイレの共用や握手も問題ありません。感染経路として考えられるのはエイズの当事者との性交渉や注射針の使いまわしです。性交渉時に相手の精液や分泌物に含まれるHIVに触れることで感染します。コ...

カンジダに感染している場合エイズに感染していることも考えられる? 2020年04月22日

カンジダに感染していたらエイズにも感染しているのかはすぐに判断できません。カンジダはエイズ発症の指標の一つです。ただし、エイズと診断するには23の疾患が指定されています。これらを発症しないと、エイズとは診断されません。カンジダに感染しただけではエイズとは言えませんが、カンジダの治療は必要です。また、...

同じ病気で呼び名が違うだけなの?HIVとエイズの違いとは何か 2020年03月26日

エイズとHIVの違いについて、説明します。エイズとはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染で通常罹患しない病気にかかる状態です。HIVがマクロファージやリンパ球に感染すると、これらの中で増殖します。免疫に必要なこれらの細胞が徐々に減ることで、様々な病気に感染します。この病気の状態をエイズ(後天性免疫不全...

HIVの感染原因は性交渉が多いのでセーフセックスを心がけよう! 2020年03月01日

HIVとはヒト免疫不全ウイルスの略称です。感染原因は性交渉によるものが多く見られます。覚せい剤の静脈注射の回し打ちが原因になることがあります。母親がHIVに感染していると、胎児にも感染する恐れがあり、注意が必要です。HIVに感染しないように性交渉時に注意すべき点を挙げます。性交渉によるHIV感染が感...

カーネステンクリームとカーネステン膣錠では効き目に違いがあるのですか? 2020年02月26日

カーネステンクリームとカーネステン膣錠の違いについて説明します。カーネステンクリームは外陰部の治療に使います。患部に1日に2~3回、直接塗布します。対して、カーネステン膣錠は膣内に錠剤を挿入する薬剤です。治療対象の患部に違いがあるのです。効き目の違いというよりむしろ対象が異なるというほうが適切です。...

正しく使ってしっかり治療しよう!カーネステンクリームの使い方 2020年02月24日

カンジダの治療薬として、カーネステンクリームがあります。カーネステンはイミダゾール系の抗真菌薬で、主成分はクロトリマゾールです。カンジダ菌の細胞膜生成を抑えて、死滅させます。男性のカンジダ治療にも使用可能です。使い方はカーネステンクリームを患部に1日2~3回、直接塗ります。1週間前後で治ることが多い...